徳島の蛍の名所と蛍祭り5選2018日程や会場・駐車場まとめ!

徳島の蛍の名所と蛍祭り2018
イベント・レジャー

 

徳島名所おすすめの蛍祭り2018の日程や会場、駐車場情報をまとめてみました。

また蛍鑑賞に持っていったり用意しておくと便利なものも書いていますので参考になさってください(^^)

蛍の光は風流で美しくて癒やされますよね。ロマンチックな蛍の名所をチェックしてみましょう!

 

スポンサーリンク

美郷ほたる祭り

美郷にはゲンジボタル、ヘイケボタルをはじめ、5種類のホタルの生息が確認されていて、日本で唯一、地域全体がホタルの発祥地として国の天然記念物に指定されている全国屈指の名所です。徳島にそんなところがあったとは!凄いですね!!

徳島のほたる祭り2018

日程

2018年5月26日(土)~6月10日(日)

時間:17:00~21:00

※ホタルが最も光るのは午後8時から9時までの約1時間ですので、たくさんの飛翔を見たい方はこの時間にお越しになるのがおすすめとのことです。

場所とアクセス

〒779-3051 徳島県吉野川市美郷字宗田82-1
(0883)43-2888

 

◆車の場合

徳島自動車道を使って来る時は脇町インターチェンジを降りて国道193号線を南に進みます。吉野川を渡ると国道192号線に出ます。それを左折します。
東方面に進みます。約7分ほど進み、四国銀行山川支店前の交差点を右折します。7~8分程で美郷ほたる館に到着です。脇町インターチェンジから約20分です。
 
駐車場:約200台(無料)
 

◆JR利用の場合

JR徳島線阿波山川駅で下車します。そこからバスで15分程です。
 
※蛍まつり期間中は山川駅からシャトルバス(夕方から夜間)が運行されています。
 
 

◆徳島空港からJRを使って来る場合

空港連絡バスでJR徳島駅へ(約30分)。JR徳島線阿波山川駅下車(タクシーで約10分)
 
 

蛍の見頃・飛翔情報

ほたる館さんのサイトで情報をUPされています。こういうのがあると分かりやすいですね!チェックなさってくださいね!

http://www.misato-hotarukan.jp/?md=3

大谷川ホタルまつり:鳴門

大谷川のゲンジボタルは、なんでも鳴門市の天然記念物に指定されているそうです。徳島は水が綺麗なので蛍が生息しやすいのですね♪

注意!!毒蛇が出ることがあるので、必ず長靴で、懐中電灯もお持ちくださいとのことです!

日程

2018年5月26日(土)・27日(日)
26日(土)・・・19:00~開会式
26日(土)・27日(日)・・・19:30~獅子舞の演舞、19:30~21:00ホタルの観察

場所

御嶽神社北(キョーエイ堀江店前交差点より北へ約2km

駐車場近辺には係員がいらっしゃるそうです!指示に従いましょう!

蛍祭りのチラシ

大谷川蛍祭りのチラシ

チラシPDF版もありますので印刷して持っていきましょう♪

与川内ホタルまつり:勝浦

与川内ホタルまつりは、与川内地区にホタルを取り戻そうと地域の人々が集まり、川の清掃活動を行ったことがはじまりで、2003年から開催されています。あめ湯の接待が行われるほか、夜店なども並びます。

 たこ焼きなどの屋台村は旧農協の広場で販売されるそうです。ホタル弁当や焼鳥、お菓子などの販売も!

日程

2018年5月25日(金)・26日(土)17:00~21:30

お問合せ:与川内ホタル村保存会 090-7143-1427

場所:駐車場やシャトルバス

勝浦郡勝浦町大字三渓坂本川・与川内沼谷川周辺

ホタルまつり会場の与川内地区の駐車場は5カ所あるそうです。
道の駅 ひなの里かつうら からのシャトルバスも運行されます。

お祭り期間は非常に混雑するのでシャトルバスを利用するのが良さそうです。

詳細は、後日発表されるそうなので、チェックしておきましょう!

↓ ↓

https://blog.goo.ne.jp/y-hotarumura

スポンサーリンク

泉谷川ホタルと星空観察会:上勝町

ホタルの里:泉谷川周辺で、ホタル鑑賞と天体観測が楽しめます。

天体観測は天体望遠鏡で本格的にできるそうですよ。

天体観測は技の館の中庭で、ホタルは技の館横の泉谷川で鑑賞できます。星空と蛍、なんともロマンチックです♪

 

日程

6月1日(金)・2日(土)・3日(日)日没~21:00

場所

上板町泉谷字原東32番地4

「技の館」中庭

お問合せ:技の館 088-637-6555

http://www.townkamiita.jp/kanko-bussan/docs/2016081200060/

母川ほたるまつり:海陽町

母川ほたる祭りは母川のゲンジボタルの保存と町内外の方々にPRを目的として地元の方々のボランティア活動ではじまりました。ゲンジボタルが生息する清流母川で、昔ながらの風情が味わえるというが素敵ですね。対岸を乱舞するホタルを間近に見ることができる「高瀬舟の運航」が行われます。初日のみ夜店が出店予定です。

 

徳島の蛍祭り2018

日程

2018年6月2日(土)~9日(土)
午後8時~午後9時30分まで高瀬舟が出ます。

 

高瀬舟乗船料 大人 500円 / 小・中学生 200円
1日100名限定。土日は混雑が予想されますので、平日の乗船をオススメだそうです!

6月2日(土)のみ夜店が午後6時から出ます。焼きそば、フランクフルト、当てもの、ジュース、フライドポテト他

場所

海陽町高園 母川河川敷

JR海部駅から徒歩15分~20分 

詳しくは、こちらのホームページをご覧くださいね!

http://kaiyo-kankou.jp/index.php/event2/hotaru-week

ほたる鑑賞に持参したら便利なもの

◾懐中電灯

蛍の光が見えるところは、道中が本当に真っ暗なところも多いので、小さな懐中電灯かスマホの懐中電灯アプリがあると便利です。

いざ蛍のいる場所では、懐中電灯は消しましょう。

 

◾黒いタオルや上着

どうしてもスマホで撮影してみたくなりますよね。ただカメラから光が出るのはホタルにとっても良くないですし、周囲にも迷惑です。

黒いタオルや上着を被せて撮影するという配慮を持ちましょう。

 

◾夜撮影に適しているアプリ(iOSのみ対応)

夜撮りカメラ

持参するものというか、あらかじめ準備しておくものになりますね。

 

◾レインコートや長靴

ホタルは湿気が多い日に現れやすいので、小雨が振ったりしていることもあると思います。

毒蛇が出るというようなところもあるので、長靴は必須かもです。

 

最後に

ホタルの光は、幻想的で、しばらく現実を忘れてしまいます!

またの光が灯ったり消えたりするリズムは人間の鼓動のリズムに似ているんですって。

だから、リラックスできて癒されるのかもしれませんね。

今年も徳島で美しいホタル鑑賞を楽しみましょう(^^)

 

同じ季節のイベント♪

 

スポンサーリンク

tokushima life style

徳島で大好きなものに囲まれる生活をしながら、徳島の楽しいこと書き綴っています。カフェやグルメ巡りが大好き!時々県外ネタも入ります♪

プロフィール

関連記事一覧